チューンナップワクシング

トップページ > チューンナップワクシング

チューンナップワクシング

楽しむためにチューンナップを!

チューンナップはとても大切です。特にワックスは滑走性を左右する重要なアイテムです。

上級者だけでなく、初心者でさえ欠かすことができません。

ワックスを選ぶ時に大切なことは、滑る時の気温、雪温、雪質に合ったワックスを選ぶことです。

特に日本の雪は湿り気が多いのが特徴で、ワックス選びは慎重に行いたいものです。ガリウムは、水を良く弾く物質で撥水性が高く、半導体でもあるので静電気が起きずにゴミを拾わない特性があります。また、ガリウムは温度が低くなると硬くなる性質を持っており、硬い雪の結晶がソールに刺さらず、スムーズな滑走性が保たれます。

ソールに良くなじみ、ワックスが長持ちするのもガリウムの特徴です。これからの頁では日本の雪質を知り尽くしているガリウムワックスを使って、チューンナップの方法を初めての方にでも解りやすいように解説してあります。『チューンナップなんかやったことがない』という方もぜひチューンナップにチャレンジしてみて下さい。

そうすれば、スキーがさらに楽しくなるに違いありません。

チューンナップ

なぜチューンナップが必要なの?

チューンナップはスキーの性能を100%発揮させるために必要です。1/100秒を競うレーサーにとっては、その人の体格、技術、種目、コースコンディションなどに合わせて、滑走面やエッジを最適の状態にすることで、滑りがより速く、より正確になり、勝利への近道となるでしょう。レーサーばかりでなく一般のスキーヤーもチューンナップを行うことで、ゲレンデでより楽しく滑ることができるでしょう。また、チューンナップは大会前だけ行っても効果がありません。普段から習慣的に行うことで、滑走面やエッジを常に良い状態に保つことができます。