チューンナップワクシング

トップページ > チューンナップワクシング > アルペン

エッジが錆びていたり、傷が付いていたり、丸まっているようでは、ターンはもちろん、エッジを効かせてストップさせることも難しくなります。
そこで、滑りの心臓部でもあるエッジを念入りに点検し、エッジを削って角を立てます。エッジの角度は種目、技術、コースコンディションなどに合わせて角度を変えています。

ケバ取り

買ったばかりのスキーはもちろん、使用したスキーの滑走面には目に見えないゴミや汚れが付着しています。
汚れやゴミ・古いワックスが付着していると、滑走性能を低下させるので、滑走面の汚れを完全に取り除きましょう。

滑走面の焼き付け防止のため、ワクシングペーパーをアイロンと滑走面の間に挟んで、ワクシングしてください。またアイロンの温度は、各ワックスを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定してください。

滑走面のクリーニング

AXF・滑走シリーズ(トップワックス)に含まれているフッ素は、滑走面に浸透しません。そのため、ベースとなるフッ素を含まないパラフィンワックス(EXTRA BASEシリーズGREEN/BLUE/VIOLET/PINK)が十分滑走面に吸収されていないと、フッ素を含んだトップワックス(AXF・滑走シリーズ)は強く定着できません。高い滑走性を持ったトップワックスの性能を十分に引き出すためには、必ずベースワクシングを行う事が必要です。

滑走面の焼き付け防止のため、ワクシングペーパーをアイロンと滑走面の間に挟んで、ワクシングしてください。またアイロンの温度は、各ワックスを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定してください。

ベースワクシング

滑走面の焼き付け防止のため、ワクシングペーパーをアイロンと滑走面 の間に挟んで、ワクシングしてください。またアイロンの温度は、各ワック スを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定してください

滑走面の焼き付け防止のため、ワクシングペーパーをアイロンと滑走面の間に挟んで、ワクシングして下さい。
またアイロンの温度は、各ワックスを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定して下さい。

トップワクシング

スペシャルワックス(フッ素ワックス)は大会に出場する時や大会前のトレーニングに使用します。特に湿雪時には欠かせないワックスです。

滑走面の焼き付け防止のため、ワクシングペーパーをアイロンと滑走面の間に挟んで、ワクシングして下さい。 またアイロンの温度は、各ワックスを溶かした時に、アイロンから煙が出ない程度に設定して下さい。