スタッフブログ

2019年03月

2019.03.29

プロがやっている、ホットワクシングが捗るちょっとしたコツ〜硬いワックスの塗り方編〜

EXTRA BASEのグリーン塗るのって手間ですよね!硬くて難しいですよね!

開口一番、自社製品をディスるのもどうかと思うんですが。。😅

硬い雪で滑走性を得るにはワックスも硬くしなければいけないので、そうなるとどうしても塗り剥がしの作業が犠牲になってきます。

そこで今日は、硬いワックスを塗る時にプロがやっているちょっとした裏技を教えます。

それは『硬いワックスを塗る直前に柔らかいワックスを塗る』という方法です。

EXTRA BASEのピンクでも白いBASE WAXでも何でも良いのですが、柔らかいベースワックスを先に塗って削り、すぐに硬いワックスを塗ると、かなり入れやすくなります。

板に熱を入れられれば良いだけなので、事前に塗るワックスはある程度適当にざっと塗ってざっと削るぐらいで大丈夫です。

厳密に言うと、ピンク(ないし白)とグリーンのミックス状態になってしまうのですが、雪に対する効果としてはグリーンが出てくるので、問題ないと思います。

これを業界では「捨て塗り」と呼んでいます。

真冬の北欧でのW杯などではワックスキャビンも寒いことが多く、大活躍する裏技です。

厳冬期やパウダー用に硬いワックスを塗る時に、ぜひお試しください。

2019.03.28

コスメとワックス

「ワックスしないでゲレンデに上がるのは、お化粧をしないでデートに行くのと同じ」
と、昔から言い伝えられていますよね。私もおばあちゃんから教わりました。(嘘)

ワックスとコスメって実は似ているところがあります。
たくさん種類があるワックスも、同じくたくさん種類があるコスメと同じように使う順番や役割が決まっているので、コスメに例えるとワックスの種類もわかりやすいかな?と思いまして。

今日はいつもとはちょっと違う視点から、ワックス解説をしてみたいと思います。長文ですけどお付き合いください。
男性の方はよくわからないかもしれないので、スルーで良いです。😅


化粧水・乳液→EXTRA BASEシリーズ
ベースワックスを塗りこむことを「下地づくり」と言いますが、コスメで例えると下地というよりはむしろ化粧水や乳液と似ていると思います。
潤いのないカサカサな肌だとファンデがのらないですし、何より化粧しない日でもちゃんとケアしておくことが大事ですからね。
板も同じで、ベースワックスをたっぷり塗りこんでいる板は、上に塗り重ねる滑走ワックスの持続性が違ってきます。


下地→HYBRID BASE
じゃあ化粧品の「下地」は?というと、HYBRID BASEになると思います。
化粧水と乳液で整えた肌とファンデーションの繋ぎ役をしてくれるのと同じで、ワックスを塗りこんだ板と滑走ワックスの繋ぎ役をしてくれるのがHYBRID BASEです。
ガチメイク(レース)の日以外は、省略も可能です。
また、HYBRID BASEにはBBクリームやCCクリーム的な側面もあり、パウダー雪などではこれ1本でもOKというマルチなヤツです👍👍


ファンデーション→LF・HFワックス(METALLIC IONシリーズ・HYBRID HFシリーズ等)
肌を整えたら、まずはファンデーションですよね。ワックスだと、滑走性のベースとなるフッ素含有パラフィンワックスを塗ります。


マスカラやアイシャドウ等の目周り→GIGA SPEEDパウダー・ソリッド
チークやリップ等の色物→Maxfluorシリーズ
化粧もワクシングも大詰めです。フッ素ワックスを塗ることで、最終的な仕上げを行います。
ファンデと色物は女子会に行くのかクラブに行くのかデートなのかによって使うモノや入れ方が変わるのと同じように、雪質や温度によって使うワックスは変わります。
詳しくはオフィシャルHPのワックス選択ページをご確認ください。

続いて、家に帰ってきてからやること。こちらも顔と板、やることは同じです。

洗顔→クリーナー
もうそのままです。帰宅してまず先にやること!
家に帰ってきて、洗顔せずに寝てしまったら、翌朝ヤバイことになりますよね。😱
板も同じで、クリーニングせずに放っておくと、滑走面やエッジの劣化の原因になります。
ウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションを落とすには専用のクレンジングを使うのと同じように、フッ素ワックスを落とすには専用のフッ素クリーナーが必要です。

パック→サイドエッジシャープナー・ダイアモンドファイル
定期的なお肌のメンテナンスを怠ると、シワとかシミとか。。。😱

どれだけ完璧にメイクしても意味が無い肌になってしまいますよね。。。😭
板も同じで、定期的にエッジのメンテナンスをしておかないと、どれだけワックスを完璧に仕上げても、意味が無くなります。

デートの予定がなくても普段から、化粧水やパックで肌を整えておくのと同じように、大会が無くてもベースの塗り込みやエッジのメンテナンスは必要です。大会直前に急に板のメンテナンスを始めても、良い滑りはできませんよね。

最後に、簡易ワックスについて。

簡易ワックス→プチプラコスメ
GENERALシリーズのスプレーやペーストは、プチプラBBクリームやプチプラアイブロウ(コレ1本でアイシャドウも!)みたいなコスメにあたると思います。
決してプチプラをディスってるわけではないです!
ガリウムでも大手コスメブランドさんと同じように、高価なラインで使われている技術を誰にでも使っていただけるように、プチプラなラインに応用して採用しています。
とりあえずはコレで大丈夫ですが、「決戦の金曜日」にプチプラはちょっとマズイですよね。。。っていうのが簡易ワックスです。(例えで歳がバレる)

例えば、高価なファンデの上にプチプラの色物を使うと、色物がファンデに負けちゃうのと同じように、HYBRID HFなどのフッ素含有パラフィンの上に簡易シリーズのスプレーを塗っても、フッ素含有パラフィンの方が滑走性が勝っているので、あまり意味が無いです。
あと、プチプラコスメだから洗顔はしなくて良い、ってことは無いですよね。ワックスも同じで、簡易ワックスでも帰宅後のクリーニングは必要です。

こんな感じでしょうか!?
ワックスもコスメもまだまだ種類はありますが、こじつけできるのはこのくらいですかね。
あくまでも例えなので、あまり深く考えないでください。いろいろ矛盾も出てくると思いますので。。😅

どうでしょうか。少しはワックスの謎が解けてきましたでしょうか。
それぞれのワックスの塗り方やツールの使い方はまた別の機会にご紹介します。
今度の冬は顔のメイクだけじゃなく板のメイクもバッチリにして雪山に行きましょう!

バッチリメイクで可愛い女性でも、汚い滑走面の板で滑ってるの見たらゲンナリしますからね~
職業病ですかね!🤣

2019.03.22

ホットワクシングデビューしませんか?

この春、皆さんは何かデビューされますか?

大学?社会人?

特に何も。。。という方、「ホットワクシングデビュー」してみませんか?

いやいや、シーズン終わったばっかりでしょ。と思うこと無かれ。

今の時期にホットワクシングデビューする最大の利点は、「練習期間が豊富にある」という点にあります。

何回失敗しても良いんです。半年後に板が仕上がっていれば良いんです。

しかも、オフシーズンの期間にどれだけベースワックスを塗りこむかで、シーズンインした時の板の走りが違ってくるので、ホットワクシングの練習として今時期から何度も塗っておけば、ワクシングの上達と共に、板もバキバキに仕上がります!

ホットワクシングデビューには、トライアルワクシングセットがお勧めです。

固形ワックスもアイロンもブラシもクリーナーも、、ワクシングに必要なものが全てセットになっているので、まずはこれだけあればホットワクシングが始められます。

時期的にあまり店頭に並んでいないかもしれませんが、ちょっと頑張って探してみてください。

ホットワクシングを始めて、わからないことが出てきたら何でも質問してください。

ガリウムはワクシングする皆さんを応援しています!

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ブログ内検索

ページトップへ