スタッフブログ

2019.05.08

知ってました?〜液体フッ素ワックス〜

今やレースには必需品となっている液体フッ素ワックス。

ハーフパイプやスロープスタイルでも、高く遠くに飛ぶためのワックスとして使用されています。

そんな液体フッ素ワックスですが、世界で初めて商品化したのはガリウムというのをご存知ですか?

今から17年前の2002年に「Dr. FCG Maxfluor」という商品名で販売を開始しました。

当時はまだフッ素=パウダーという固定概念が強く、なかなか認知されていなかったのですが、日本代表チームには早くから使用していただいていました。

2009年のノルディックスキー世界選手権リベレツ大会で日本チームが大活躍したことにより、その性能の高さが世界中に知れ渡り、現在ではほぼ全てのワックスメーカーから同様の液体フッ素ワックスが発売されています。

ガリウムでも「Dr. FCG Maxfluor」から「GIGA SPEED Maxfluor」シリーズとして枝分かれし、温度帯によってDryとSuperWetが追加され今に至ります。

レース時のワクシングでは、ベースワックス+HFワックス+フッ素パウダーの順で層のようにワックスを塗り重ねることにより、スピードと耐久性を高めますが、Maxfluorはこれらの層を維持し、更にスピードと耐久性を高めるような性能を持つ液体フッ素ワックスです。

最後に、Maxfluorで更に最速になるワクシングのコツをこっそりお教えします。

それは「トップからテールまで一気に塗る」というものです。その作業を板の幅の分だけ繰り返して塗り広げます。塗る向きは「テールからトップ」でも大丈夫ですが、途中で止めたり、途中で行き来しないようにします。

一気にたくさん塗りたくてゴシゴシ塗る気持ちもわかりますが、短い距離を何度も往復するようにゴシゴシ塗ると、フッ素の厚みにムラができるので、初速が遅くなるというデータがあります。

関連エントリー

2019.06.07 早期受注会参加情報
2019.05.29 簡易ワックス『GENERALシリーズ』

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ内検索

ページトップへ