TUNE UP チューンナップワクシング

Let's TUNE UP & WAXING
スキー、スノーボードをより楽しむためのチューンナップ&ワクシングテクニック

塗って得するWAXの効果!

 入門者の上達が早い

「ワックスを塗ると滑りすぎるからコワイ」なんて思っていませんか?初心者の方も板をズラス操作がスムーズに早く身に付きます。

 スキー・スノーボードが長持ち

“滑る前に塗り、滑り終えた後にも塗る”のがワックスの基本、デリケートな滑走面の強化やエッジのサビを防ぐので、大切なボードが長持ちします。

 塗って納得の安心感

滑ってるうちに、突然ブレーキが掛かって転倒!そんな事が無いように、しっかりワックスを浸透させて、スピードをキープしたライディングでかっこよくキメよう。

これからの頁では日本の雪質を知り尽くしているガリウムがチューンナップの方法を初めての方にも解りやすく解説しています。チューンナップなんかやったことがない、という人もぜひチューンナップにチャレンジしてみてください。そうすれば、スキー、スノーボードがさらに楽しくなるに違いありません。

ガリウムの特徴

  • 水を良く弾く物質なので撥水性が高い
  • 導電性があるため静電気がおきずにゴミを拾わない
  • 温度が低くなると硬くなる性質があり、硬い雪の結晶がソールに刺さらずスムーズな滑走性を保つ
  • ソールに良く馴染み,ワックスが長持ちする

なぜチューンナップは必要なの?

チューンナップはスキー、スノーボードの性能を100%発揮させるために必要です。

1/100秒を競うライダーにとっては、その人の体格、技術、種目、コースコンディションなどに合わせて、滑走面やエッジを最適の状態にすることで、滑りがより速く、より正確になり、勝利への近道となるでしょう。

レーサー、ライダーばかりでなく一般のスキーヤー、スノーボーダーもチューンナップを行うことで、ゲレンデでより楽しく滑ることができるでしょう。また、チューンナップは大会前だけ行っても効果がありません。

普段から習慣的に行うことで、滑走面やエッジを常に良い状態に保つことができます。

チューンナップ基礎用語

スキーアルペン

  • ・ エッジの調整
  • ・ 滑走面のクリーニング
  • ・ ベースワクシング
  • ・ トップワクシング
  • ・ スペシャルワクシング

チューンナップ方法を見る

スキークロスカントリー

  • ・ 滑走面を仕上げる
  • ・ 滑走面のクリーニング
  • ・ ベースワクシング
  • ・ トップワクシング
  • ・ スペシャルワクシング

チューンナップ方法を見る

スノーボード

  • ・ エッジの調整
  • ・ 滑走面のクリーニング
  • ・ ベースワクシング
  • ・ トップワクシング
  • ・ スペシャルワクシング

チューンナップ方法を見る

Let's TUNE UP & WAXING

クリーニングの方法

クリーニング方法【youtube】

HOTWAXING

ホットワクシング【youtube】

ページトップへ